難聴と耳の構造について

難聴と耳の構造について

難聴という病気は、

 

からだの中でどのような部位に、トラブルが発生しているでしょうか。

 

難聴の種類によっても違ってくるというのが現実です。

 

それを理解するために、まずは耳の構造を知っておかなければなりません。

 

耳はどのようにして音を感知しているのでしょうか、

 

 

耳に入ってきた音が、そのまま脳に伝わるわけではありません。

 

様々な場所でいろいろな処理が行われているのです。

 

まず、耳は、外側から外耳、中耳、内耳、このみっつの部分に分けられます。

 

外耳は、周囲の音波を集める役割をしています。

 

音を増幅させ、外耳道へ振動を伝えています。

 

鼓膜を震わせ、中耳に伝達していくのが外耳です。

 

中耳は、空洞になっています。

 

鼓膜からの振動が耳小骨に伝わることにで、内耳に音を伝えます。

 

中耳は、空気を入れ替えるという換気のような機能を持っています。

 

また、粘液と一緒に、細菌の死骸など不要物を吸収してくれる機能もあります。

 

内耳は蝸牛と前庭で構成されている部分です。

 

蝸牛は特に音の聞こえ方に関係している部位です。

 

内耳の中にはリンパ液があり、耳小骨の振動によって、それが震えて、有毛細胞という感覚細胞が、それを感知し、さらに、電気信号として伝達します。

 

これらは、蝸牛神経を通って、大脳皮質に信号が送られ、私たちは音としてキャッチするのです。

 

前庭はバランス感覚を保つ部位であり、卵形嚢、球形嚢、三半規管から形成されています。

 

この器官によって、重力や遠心力、また、動きを感知しているのです。

 

佐藤信雄