難聴はストレスが原因!?

難聴はストレスが原因!?

よく知られているメニエール病と同じく、

 

内耳のリンパ液がたまったことで、

 

蝸牛に内リンパ水腫という状態が起こっているケースがあります。

 

この病気は、

 

突発性難聴と同じく、

 

日々のストレスが引き起こす病気です。

 

急性低音性感音難聴の症状は、

 

急に耳が塞がったような状態で、

 

まるで、耳に水が入ったような症状があります。

 

自分の声が耳に響くようになります。

 

大きな音、音楽などが頭に響き、キンキンと、かん高く不快に聞こえてきます。

 

全体的に、きこえが悪くなるという症状です。

 

 

突発性難聴、急性低音性感音難聴この2つは

 

どちらも症状から見ると、誰でも発症したら簡単に気づきですよね。

 

片耳難聴のケースは、無事なほうの耳で聞こえてくるため、不便さを感じないので厄介です。

 

つまり、反対側の耳が元気な場合は、普通に聞こえてしまうのです。

 

自分でも案外、気が付かないものなのです。

 

定期的な聴力検査をすると、

 

聞こえづらいことに気が付きます。

 

人は、普段から両耳で音を聞いているので、

 

片方に異常があってもなんとなくやり過ごしてしまいます。

 

急性低音性感音難聴の特徴は、

 

他の難聴と比べてみても、治りやすいことがあげられます。

 

病院で治療をしなくても、自然で治るケースもあります。

 

急性低音性感音難聴は再発してしまうことも多く、

 

繰り返し症状を起こしていると、最後には治らなくなることもあります。