突発性難聴

突発性難聴

ある日突然耳が片方、聞こえなくなってしまうと言うケースがあります。

 

難聴という病気はよく知られていますが、難聴の一種である、突発性難聴です。

 

最近、この突発性難聴という病気にかかる方が増えています。

 

この病気は、発症してから少なくとも1週間後には、治療をスタートしたほうがいいです。

 

遅くても2週間以内に治療を始めていないと治りにくくなってしまうからです。

 

突発性難聴は、病気の治癒率が時間と共に、どんどん下がっていきます。

 

難聴の症状に気が付いたらすぐに受診するべきです。

 

突発性難聴の程度は人によって、様々です。

 

時には、全く聞こえなくなるという重症の方もいます。

 

また、耳が軽く、つまった感じがするような軽症程度のケースもあります。

 

中には、激しいめまいを伴う難聴もあり、

 

突発性難聴の中でも、この場合は、かなりの重症です。

 

症状が重いほど突発性難聴は治りにくい病気なのです。

 

突発性難聴は、どのようなことが原因で起こるのでしょうか。

 

現代の医学の進歩においても、そのはっきりとした原因が解明されていないのがじじつです。

 

憶測されている突発性難聴のの原因ですが、

 

内耳に通っている血管は、1本しかなく、その血管が収縮するためです。

 

ご存知のように、ストレスは、からだの中の血管を収縮されます。