頭痛が起こる訳

頭痛が起こる訳

 

女性の頭痛は深刻なケースが多いです。

 

頭痛や片頭痛が頻繁に起きたりしませんか?

 

頭痛、みみなり、めまいに悩まされていませんか?

 

一般に「頭痛持ち」と言います。

 

 

ちょっとした時に頭痛が起きた場合、それが日常になってしまっている方も少なくないようです。

 

気圧の変動などで、 頭痛が起こることもあるようです。

 

私の友人で、頭痛持ちと言う人は結構います。

 

ロキソニンなどの頭痛薬をいつも持っていて、いつでも飲めるようにしているようが、胃には悪いですよね。

 

もう頭痛には慣れているようですが、

 

楽しいときでも構わず、頭痛が始まってしまうのは本当に辛いですよね。

 

どんな理由で頭痛が起こっているのでしょうか?

 

頭が痛くなるのは、

 

体の中に何か良くないことが起きているサインと言えます。

 

体がSOS信号を出している状態ですね。

 

どこかが痛むことは、体が何か不具合を訴えていることです。

 

頭痛はなぜ起こるのでしょうか?

 

頭痛のメカニズムがわかれば、こんな場合、薬を飲んだほうがいいのか、どうかわかるようになるはずですよね。

 

一番多いケースだと思われることは、肩や首の筋肉が硬直しているときに起こる頭痛です。

 

いわゆる、デスクワークからくる疲れで頭痛が起こってしまうことです。

 

筋肉が緊張し、収縮してしまうので、

 

その周囲の血管も圧迫されます。

 

血管が圧迫されると、もちろん、ご存知のように血流が悪くなりますよね。

 

これが肩こりから来る頭痛です。

 

仕事で目を使いすぎたり、手を使いすぎたり、肩や首が疲れていると筋肉が硬くなっているときに発生する頭痛です。